西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報

西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報サイトイメージ

自分の本質や運命、未来など、幸せな人生を歩んでいくために西洋占星術の知恵はぜひとも利用したいですよね!当サイトでは、自分のことがもっと分かる、西洋占星術ホロスコープとそのおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説してきます。自分のことがもっと分かる!西洋占星術ホロスコープ資格

MENU

西洋占星術とネット占いでの生かし方

西洋占星術とネット占いでの生かし方

西洋占星術をネット占いで活用するには、ホロスコープの提出が必須になると思って計画を立てておくのが良いでしょう。

ネット占いでは相手の顔が直接見えない占いをすることが多いため、その点を理解して占いましょう。

連絡相手と占う相手が違う可能性がある

西洋占星術に限らず、ネット占いでは依頼者が誰の情報を伝えてくれているのか明確ではない、という可能性があります。

これは潜在的にネット占いでは常にある問題なので、連絡を取った人本人の占いか、異なる方の占いなのか、どちらの場合でも占い結果の伝達がうまくいくように、使う言葉に気をつけると良いでしょう。

悪く言い過ぎるのも、逆によく言いすぎるのも良い結果にはならないため、バランス良く伝えるようにしましょう。たいていは悪い部分を先に伝えてから良いところを伝えた方が、相談者はすんなり話を聞き入れやすいものです。

最終的に最も気をつけるべき項目を伝えるのがマナーなので、こうした点も考えておくと良いでしょう。

ネット占いはキャンセルも多い

ネット占いでは前払い制の場合も多いですが、それでも当日になって連絡がつかないという事態に陥ることは多いです。

しかし、無断欠席を悪いと思っていない方や単純に忘れていただけという人も多いため、ネット占いではキャンセルがあっても仕方がないものと考えておき、あまり悩みすぎないようにしましょう。

占い師として被害妄想、自意識過剰になってしまうと精神的に疲れてしまうので、ほどほどに無関心でいながら一期一会で、連絡が取れたらよいご縁があったと思うくらいにしておきましょう

真剣に占いをしている占い師にとっては無断欠席や無断キャンセルは悲しくなってしまいますが、そうした場合には感情を切り捨てて、気持ちを切り替えましょう

占い方法をリードしよう

ネット占いで西洋占星術を行う場合、電話をしながら行うのか、書類だけでやり取りするのか、占い師からしっかり提案してリードしましょう

相談者はよくわからないまま依頼してくれている場合が多いため、占い師がどうすればよいのかをきちんと伝えてリードし、相談者が困らないようにしましょう。

ただし、リードはしても占い師が偉いわけではないので、傲慢な態度や言葉遣いをしないようにし、相談者が嫌な気持ちになるような言動には注意が必要です。

丁寧に相談者を導くというのは大切なことなので、語彙力やコミュニケーション能力を高められるようにしておきましょう


TOP