西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報

西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報サイトイメージ

自分の本質や運命、未来など、幸せな人生を歩んでいくために西洋占星術の知恵はぜひとも利用したいですよね!当サイトでは、自分のことがもっと分かる、西洋占星術ホロスコープとそのおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説してきます。自分のことがもっと分かる!西洋占星術ホロスコープ資格

MENU

西洋占星術ホロスコープ資格の基礎知識

西洋占星術ホロスコープ資格の基礎知識

西洋占星術を学ぶ時には、最低限12星座を理解しておく必要があります

星座それぞれの記号やきれいに円をかけるように練習しておくなど、基本に充実に学ぶことでホロスコープ作成もより楽になるでしょう。

十二宮と十二星座の照らし合わせ

朝のテレビ番組の占いや雑誌の後半ページに有る占いなどで最もよく見かけるのが十二星座の占いです。この星座占いを見る時、おうし座やおひつじ座などを示す記号が書かれていることがほとんどで、ホロスコープ作成をする前にこの記号を暗記しておくとホロスコープを作るのも読み解くのもかなり楽になります

記号を使うことが多くなってくるので、ホロスコープの数式や書き方を学ぶ前に基本のこととして覚えておきましょう。ホロスコープを読み解く時は、細かく分かりやすい表現をして相談者に伝える必要があるため、難しい占い分析結果をわかりやすくまとめられるスキルを身につけておくのもとても大切です。

西洋占星術とは?

そもそも占星術は星座や惑星を元にして占いを行う方法で、人の運命や本質、性質を知るために生かすことが出来ます。例えば、生まれて間もない子どもはまだ性格や人格が分からず、どう接してよいか分からない事が多いですが、少しでも良い運気の場所を用意してあげたいものです。

そんな時は意思疎通できない子どもの生年月日や生まれた時間帯、場所からその子どもの運命を予測して、その子の運気が上向きになる方向、事前に備えておくべきことが予測できれば、子育てでもその情報を生かせるかもしれません。

子供部屋を選ぶときにも、その子の運勢を良い方向に導けるようなお部屋を用意してあげたほうが、成長過程で起こりうるトラブルや怪我を最小限にできる可能性があります。

風水占いなどを合わせてホロスコープを子どもに適用させてあげれば、親からしてあげられる見えないところでの運気アップや祈りの実践的なものになるでしょう。

東洋占星術とは?

西洋占星術では、「火・地・風・水」をベースに4つのエレメントを生かして考えることが多く、星座や惑星のサイクルについても一生として同じものになる人はいないと考えます。

しかし、東洋占星術では「陰・陽」の2極に加えて「木・土・火・金・水」という五行を考えて、同じ星座や惑星のサイクルがあると考えます。東洋と西洋の考え方の違いは占星術にも現れているので、これらの両方の占術を理解していると日本人を占う時に参考にできるでしょう。

どちらを元にするかで得られる解にも差が出るため、双方の知識を身につけておくのが一番理想的です。まずは西洋占星術から学び、身近な星座占いをワンランクアップさせて占いに関するスキルを高めてみてください。


TOP