西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報

西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報サイトイメージ

自分の本質や運命、未来など、幸せな人生を歩んでいくために西洋占星術の知恵はぜひとも利用したいですよね!当サイトでは、自分のことがもっと分かる、西洋占星術ホロスコープとそのおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説してきます。自分のことがもっと分かる!西洋占星術ホロスコープ資格

MENU

占い結果を上手に伝える方法

占い結果を上手に伝える方法

西洋占星術、タロットカード、数秘術など、どんな占いであれ、分析結果を相談者に伝えてはじめて占い師の仕事が完了します。

この時必要なのは語彙力と表現力で、相談者にも簡単に理解できて覚えていられるような伝え方をする必要があります

紙・書類をあわせて伝える

西洋占星術では、生成するホロスコープを占い結果として印刷したほうが相談者にその内容が伝わりやすくなります。特に円形のチャートは一般的にはなにが書いてあるか判別できないので、どの記号が何を意味しているのか相談者が自分で見ても分かるようにしておく必要があります

紙、書類、スマホでのメール、データ転送など様々な方法で相談者のホロスコープを共有しましょう。書類で物事を伝えるのが一番ですが、ただデータを印刷するだけではなく、解説のようなものがついているのが理想的です。

占い師の仕事を本格的に始める前に、相談者に伝えやすくなるように書類のテンプレートや出力形式を作成しておくと良いでしょう。

年表を使って解説

その人の本質や前世、過去、そして、未来をある程度見極められると数年分の運勢や、今後の未来の運勢もある程度分析できます。

この分析結果は100%絶対のものではないですが、チャートでホロスコープが書いてあるだけのものよりは、数年間に渡っての運気向上の様子が分かる年表やグラフを用いると更に分かりやすくなります

また、その人それぞれのラッキーカラーやラッキーナンバーは数秘術などから把握することが出来るため、コンピュータを用いて分析する場合には、複数の占いを合わせてしまったほうが効率的です。

相談者も複数の占いを同時に診断され、多方面から見た自分の本質が分析してもらえることで、分かることも多くなって満足度も高くなるでしょう。

伝えるのが上手な方がいい

占い師の良し悪しは結局言葉、分析結果をいかに分かりやすく上手に伝えるかにかかっています。占い結果が完璧でも、それを相談者に伝えて分かってもらわなければいけません。

未来が見えていても、それを相談者が気をつけようと思うような形で、占い師から伝えなければいけません。分析結果の算出だけであれば、コンピュータに出来てしまいます。そこで、占い結果をきちんと分析し、将来的に有意義な人生を送れるようにサポートするのが占い師の仕事です。

統計学的にデータを出せるモノはコンピュータを利用し、人間的にアドバイスしたり、改善提案したりする部分は占い師として、しっかりできるようになっておきましょう


TOP