西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報

西洋占星術ホロスコープ資格のおすすめ情報サイトイメージ

自分の本質や運命、未来など、幸せな人生を歩んでいくために西洋占星術の知恵はぜひとも利用したいですよね!当サイトでは、自分のことがもっと分かる、西洋占星術ホロスコープとそのおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説してきます。自分のことがもっと分かる!西洋占星術ホロスコープ資格

MENU

西洋占星術ってなに?

西洋占星術とホロスコープの違いとは西洋占星術とは、古代は化学的な根拠があるものとして、天文学や宇宙に基づいた占いとされていましたが、近年の科学の発展によりただの占いだとされてしまいました。

しかし、太陽の啓示に基づいている星座占いにも派生した大元の占いが西洋占星術で、ホロスコープを描いて占うものです。ホロスコープは、いわゆる円形のチャートで、惑星の名前や黄道十二宮、角度を元にしてホロスコープを作り出すことになります。

十二星座にあるようなおひつじ座やおうし座なども、記号を使ってホロスコープに示していくのが一般的な西洋占星術です。

西洋占星術以外にも東洋占星術、六占星術など似たような名前の占いも存在しており、占えるのは個人の運命や毎日の運勢、相性占いや性格診断などです。

朝のテレビ番組などで星座占いを見ている方は、こうした西洋占星術を元にしている場合が多いため、かなり多くの方にとって一度は触れたことのある占いが西洋占星術です。

他にも恋愛運や結婚運など分野別の運気などを占うこともできます。この西洋占星術では、生年月日と生まれた時間帯、生まれた場所を元に運命を算出します。それぞれの本質や未来の運勢なども分かるため、ちょっとした人生設計にも役立てられる可能性があります。

一度診断することで、あまり大幅な変化があるものではありません。また、年単位の流れを把握することによって、生活スタイルの変化や結婚・転職などのタイミングにも備えられるでしょう。

怪しい魔法を使ったりするの?

海外での西洋占星術に対する反応西洋占星術が扱うのは、どちらかと言うと天文学や惑星の動きです。人の生まれた瞬間に運命があると考え、大きい宇宙の動きの中でどんな因果で生まれた命なのかを見極めることで運勢や本質を占います。

この判断には、世間では十二星座と呼ばれるおひつじ座やおうし座と言った十二星座、西洋占星術では十二宮または十二サインを用いて、ホロスコープの外側の演習付近にこのサインを表記します。

ホロスコープチャートを描く時は、地球の地軸がずれる歳差運動のずれも考慮する必要があり、ほんの少しのズレで占い結果がずれる可能性があり、精密さが求められることもあります。基本的には十二宮を360度の中に配置するので、一サインが占める割合は30度ずつになります。

ホロスコープの内側にあるのはハウスと呼ばれ、十二の室という言い方をされることも多いです。この十二ハウスを分かつ線のことをカスプと良い、ハウスに寄ってハウスの占める割合が若干変化します。

生年月日から得た情報を元に、第一ハウスカスプを数学で言う第三象限付近に配置します。この場所は出生時に東の空があった部分を作成することになっており、これがベースの十二宮の一つを決めるきっかけになります。

星座の動きは毎年だいたい共通点があるため、生年月日によって地軸のズレと、生まれた時に東の空にあったはずの星座を割り出して、運命を占う情報とします

西洋占星術では、アニメやマンガにイメージされるような魔法陣や怪しい魔法、魔術、呪術を行うのではなく、星座を元にして運命を見い出していくスタイルの占いなため、占いとしてはしっかりとした根拠があるものと言えます。

タロットカード占いは、どちらかと言うと運要素がありますが、西洋占星術や数秘術のように、星座や数学などに基づいた占いなため、極めてしまえば自分のことも、家族のことも占うことができます

もちろん、ホロスコープを作れるようになってしまえば、占いとしては理論的に結果を出せるようになります。西洋占星術を学ぶことによって占い師としての道も早いうちから開けるでしょう

西洋占星術資格で自分も他人も占える

西洋占星術資格は仕事に生かせるの?西洋占星術を基本からしっかり学んでも、正確なホロスコープを手作りするのは難しいですが、インターネット上にあるツールや専用の道具を活用することで簡単に自分の運勢や本質を占うことができます

もちろん、生年月日によって誰であっても同じように占えるので、まずは資格取得を目指して基本を学ぶのが良いでしょう。

西洋占星術を身につけることによって、活用できるシーンが一気に増やせるでしょう。数秘術やタロットカードなどを合わせるとさらに深めた占いをすることができます

自分を占えるだけでなく、他人を占えるので、占い師の仕事として活用するときにも十分生かせます。ホロスコープのデータやチャート、ハウス分割の数式には専門知識が必要で、地方恒星時や黄道傾斜角、三角関数などを用いて計算することになります。

勉強し直さないといけない分野もあるため、数学については高校数学2年までに学ぶ内容をみっちり復習しておくことで、占い師としての活動がしやすくなるでしょう。

他人を占う時には生年月日を教えて貰う必要があり、他の占いと合わせて姓名判断や数秘術を行う場合は、個人情報の保管や保護に関する意識を高めておく必要もあります。プロの占い師になるつもりの方は、他人の個人情報をきちんと扱いましょう。

また、西洋占星術の占い結果にはアスペクト情報というより詳細なデータが必要です。複数の星座と相談者の星座のなす角度などを元にして吉凶を判断することも可能なため、星座や惑星の位置計算をすることになると考えておきましょう。

計算結果は一般の方にも分かるようにまとめる必要があり、占い師としての技術は占い結果をいかにわかりやすく伝えるかにもかかってきます。専門テクニックが必要な占いなため、学ぶのは少し難しいですが、一度身につけてしまえば他の占い師に負けないので、利益を上げていきたい時は、西洋占星術を学んでみてください。

見通しを立てるのに役立つ

西洋占星術は占いスキルをアップしてくれる?西洋占星術を活用しても、その占い結果は必ず起こることではなく、人生や未来は必ず予測できるものではありません。努力やそれまでの因果、行動に伴って運勢や起こる事象は変化するため、あくまで参考として西洋占星術を活用しましょう。

企業の社長や指南役がこうした占いを通して人事をすることもあります。、社内の重要人物を占ってもらい、最も上昇傾向にある運命、年月を把握した上で仕事を与えたほうが良い結果を出してくれるという理由から、参考データとして役立ちます。

個人でも最も流れの良いときと、流れの悪い時をおおまかに予測して、流れの悪くなる年月や方向を避けて生きていくことで、最悪の事態を避けて生きていける可能性もあります。

全く見えない未来だからこそ、占いを通してある程度ガイドラインを作ってもらうと、その後の流れを作りやすいため、長い見通しを立てる時には西洋占星術が大いに役立つでしょう。

西洋占星術とホロスコープの違いとは?

ホロスコープで相性もチェックできる西洋占星術で作成する円形のチャートをホロスコープと言います。このホロスコープを作れるのであれば、西洋占星術をマスターできるとも言えるため、この2つは双方ともに大切です。

初心者のうちはホロスコープは自動で作成できるツールを活用すると良いでしょう。少しずつ学んでいって、自動作成されるチャートと自分自身で描くチャートが同じになるようになった時、一人前と言えるでしょう。

ホロスコープを見てから、相談者にわかりやすく占い結果を伝えるのも大切なスキルなので、ホロスコープを作れるようになっても終わりではありません。その後も、さらに占い師として磨きをかけていく必要があります。

ホロスコープと西洋占星術には違いというものはないですが、どちらも占いに必要なもので、基本の知識として黄道十二宮や十二星座も学びながら占いましょう

ホロスコープを作るツールはインターネット上にすでに多くあり、フリーソフトや専用サイトを活用するのも重要です。初心者にとって、角度の計算や図形を描くのは非常に難しい上に、時間もかかってしまうため、最初はコンピュータを使用しないと占いがうまくできません

ホロスコープを作ることに時間を割くよりも、ホロスコープを見て分析して占い結果をわかりやすく伝えるほうが大切なので、先輩占い師や伝え方に関する学習を深めるようにしましょう。

ツールは、占い結果を早く出すためのものでしかないので、そればかりに頼らず、占い師として相談者に寄り添って運勢を導けるようにしてください。

講座で学びながら占いスキルをを身につけよう

西洋占星術資格を学ぶのにかかる期間西洋占星術は資格を取得していなくても、占い師として仕事をすることはできます。国家資格などは占い師には存在しないので、資格がなくても問題はないのですが、しっかりと真剣に学んで占いに生かすためには、モチベーションが高まる資格取得を目標にすると良いでしょう。

資格講座を活用することで、専門家のアドバイスも受けられるので、わからないことをそのままにはせずに、弱点を克服することも可能です。講座を利用し、資格保証のあるコースを受講する場合、卒業する事で資格を取得できるものもあるため、せっかくのチャンスを生かさないのはもったいないです。

特に既に占い師として働いている方が資格を取得する場合は、資格保証のあるコースを活用する方が効率的です。ネット占いや占いの現場ですぐにアピールできる上、資格がないよりは資格があるプロとして活躍するほうが魅力的なので賢く資格を生かしましょう。

独学で学ぶ場合は、体系的な知識を身につけるのは意外に難しいものであるため、学ぶべきことを調べるところからやらなければいけない事が多いです。そのため、学習時間が余計に多くかかってしまいます。特に趣味で学ぶ場合、慎重に内容をリサーチして西洋占星術をマスターできるように実践的に学ぶ必要があります

一人で学ぶ場合は無駄に学習時間が伸びてしまうこともあるので、しっかりと学習期間も決めて学べる資格講座のほうが中身の濃い学習が可能です。占いスキルを身につけるに、も占いそのものではなく、占った後の結果を伝える工夫が必要なので専門家やプロに学んだほうが占い師としても成功しやすいです。

独学よりは、きちんと専門家にも学んでいて、資格まで取得しているという証拠があったほうが占い師の信頼もアップしやすいため、講座で学ぶ西洋占星術が占い師スキルアップに最適です。

確実に取れる資格でスキルアップ!

西洋占星術資格を取るのにかかる費用西洋占星術のような専門的な内容を学ぶならば、確実に資格が取得できて、一定期間内で学びきれるような講座を選んだほうが良いでしょう。資格として履歴書にも書けて、プロフィールや名刺にも資格を記載できるのは非常に大きなメリットになります。

一般の方もこの資格を取得すればネット占い師としての活躍が期待でき、占い師に至っては資格取得後すぐにアピールに使えるので、仕事の時間を減らすことなく、ビジネスに役立てられます

受験をして合格するタイプのもののほうが、資格としての価値や信頼は大きいですが、占いのように受験を通してテストされる必要がない資格や実績が全てになるような資格については講座受講だけで取得できる資格で十分です。

まとめ

西洋占星術の資格取得を目指すならば、講座を受けるだけで合格できるコースを受けたほうが良いです。実力と実績次第の占いの分野ではテストを受けて資格を取得してもあまり意味がありません。

資格は手早く取得して、現場や自分自身で経験を積んだほうがよいです。資格保証のあるコースも活用しながら賢く資格取得を目指してみてください

西洋占星術の資格おすすめ情報比較サイト
ホロスコープ資格スキルアップ情報サイト
占い師になるには資格講座おすすめ・ランキングガイド


TOP